button

JOGMEC2016

プログラム

  • *1 講演タイトルは仮題を含みます。正式に決定次第、随時更新いたします。
  • *2 調整中の講演者につきましては、正式に決定次第、随時更新いたします。
    なお、プログラム内容は変更になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

Day1:2016年11月29日(火)

■横にスクロールできます。

セッション
タイトル
時間 講演タイトル*1・講演者*2
『開催挨拶』 10:00-10:10 ◆開会の挨拶
JOGMEC理事長 黒木 啓介
10:10-10:20 ◆開催者代表挨拶
経済産業省 資源エネルギー庁 資源・燃料部 資源・燃料部長 山下 隆一
基調講演
産油国政府機関
セッション
10:20-10:45 ◆『メキシコの石油ガス市場開放』
メキシコ エネルギー省(SENER) 炭化水素次官 Dr. Aldo Flores-Quiroga
10:45-11:10 ◆『ブラジルにおける石油ガス法制度の革新』
駐日ブラジル大使館 全権特命大使 H.E. Mr. André Aranha Corrêa do Lago
11:10-11:35 ◆『インドネシアにおける石油ガス開発の未来』
インドネシア・エネルギー鉱物資源省石油・天然ガス総局(DG Migas)局長 Dr. Djoko Siswanto
11:35-13:15 休憩
基調講演
産油国NOC
セッション
13:15-13:40 ◆『ガスプロム長期的発展の方向性』
Gazprom社 Head of the Department, Department of Perspective Development
Dr. Oleg Aksyutin
13:40-14:05 ◆『課題からソリューションへ:成功への道筋』
アゼルバイジャン国営石油会社(SOCAR) Vice President, Exploration and Production
Mr. Yashar Latifov
14:05-14:30 ◆『石油天然ガス生産における持続可能な成長:ADNOCの戦略』
アブダビ国営石油会社(ADNOC) Development Unit Manager, Exploration, Development and Production Directorate Mr. Jamal Nasir Bahumaish
14:30-14:50 休憩
特別講演
JOGMEC
セッション
技術開発
アライアンス
14:50-14:55 ◆JOGMECセッション趣旨説明
JOGMEC 技術ソリューション事業グループ グループリーダー 和久田 肇
14:55-15:20 ◆『E&Pにおけるアライアンスの重要な役割』
Vice President, Global Upstream Oil & Gas Research and Consulting, IHS Markit Mr. Paul Markwell
15:20-15:45 ◆『エネルギーの転換期におけるガスの役割』
シェルジャパン株式会社 Shell Country Chairman Japan Mr. Chris Gunner
15:45-16:10 ◆『厳しい事業環境を乗り越えるための技術とイノベーションにおける3つの主要な要素と原動力』
国際石油開発帝石株式会社 執行役員 技術本部 本部長補佐 技術企画ユニット ジェネラルマネージャー 栃川 哲朗氏
16:10-16:35 『国際市場における協業による成長 =シナジーを通じての継続的成長を目指して=』
東洋エンジニアリング株式会社 常務執行役員 資源エネルギー事業本部長 佐藤 弘志氏
16:35-17:00 ◆『TOTALの戦略的R&Dパートナーシップ』
Total S. A.社 Vice-President Research and Development, E&P Research and Development Mr. Daniel Plathey
17:30-19:00 ネットワーキングレセプション

Day2:2016年11月30日(水)

■横にスクロールできます。

セッション
タイトル
時間 講演タイトル*1・講演者*2
オープニング 10:00-10:15 ◆開演の挨拶
JOGMEC理事 石油開発技術本部長 市川 真
特別講演 10:15-10:35 『E&P業界における次のイノベーションとその達成方法』
ウッドマッケンジージャパン株式会社 Senior Vice President, Head of North East Asia Consulting Mr. David Thompson
セッション1
IOR・EOR
10:35-10:40 ◆セッション1趣旨説明
JOGMEC 技術ソリューション事業グループ 技術開発チーム サブリーダー 赤井 崇嗣
10:40-11:00 ◆『TOTALのEOR戦略、技術そして経験』
Total S.A.社 Deputy Senior Manager New Ventures, E&P Research and Development Dr. Philippe Julien
11:00-11:20 ◆『油ガスフィールドにおけるEORケミカル技術及びその経験』
フランス・IFPEN, Senior Project Leader, Geosciences Direction Dr. David Rousseau
11:20-11:40 ◆『INPEXのIOR/EORへの取り組みについて』
国際石油開発帝石株式会社 技術本部 技術企画ユニット シニアコーディネーター 中村 真一氏
11:40-12:00 ◆『JX石油開発のGas EORへの取り組み』
JX石油開発株式会社 技術戦略部 副部長 友枝 城太郎氏
12:00-13:20 休憩
セッション2
ガス処理
有効利用技術
13:20-13:25 ◆セッション2趣旨説明
JOGMEC 技術ソリューション事業グループ 担当調査役 増子 芳範
13:25-13:45 ◆『持続可能な石油ガス生産の促進:CCS・CCUSの役割』
インドネシア・エネルギー鉱物資源省⽯油・天然ガス総局(DG Migas)
Deputy Director of Safety and Environmental Regulation Compliance
Dr. I Gusti Suarnaya Sidemen
13:45-14:05 ◆『エネルギー創生に貢献する酸性ガス分離膜』
宇部興産株式会社 化学カンパニー 機能品開発センター ガス分離膜グループ グループリーダー 谷原 望氏
14:05-14:25 ◆『FRC脱硫技術の取り組みと上流ガス田ガス処理への適用可能性』
大阪ガス株式会社 エンジニアリング部 プロセス技術チーム 課長 横山 晃太氏
14:25-14:45 休憩
セッション3
ロボット
IoT
ビッグデータ
14:45-14:50 ◆セッション3趣旨説明
JOGMEC 技術ソリューション事業グループ 技術開発チーム サブリーダー 小松 洋一
14:50-15:10 ◆『SPRINTにおけるロボット開発:
油ガス上流事業への検査・整備ロボット導入に向けた機会と挑戦』

オランダ・The SPRINT Robotics Collaborative, Chairman Dr. Tjibbe Bouma
15:10-15:30 ◆『ChevronのDigital Transformation Journey』
Chevron社 Team Lead, Data Science Analytics, Information Technology Company, Modeling & Analytics Center of Excellence Dr. Justin Lo
15:30-15:50 ◆『IoTプラットフォーム「Lumada」による設備稼働率の改善』
株式会社日立製作所 ICT事業統括本部 スマート情報システム統括本部 O&Mサービス事業推進部 主任技師 羽根 慎吾氏
15:50-16:10 ◆『災害Robotics』
東北大学大学院 情報科学研究科 教授 田所 諭氏
ファイナル
セッション
16:10-17:00 ◆テクニカルディスカッション:
『「コスト削減」、「効率向上」、「アライアンス」
~今求められる技術と行動とは?~』

モデレーター:
JOGMEC 技術ソリューション事業グループ 企画チーム チームリーダー 末廣 能史
スピーカー(順不同):
  • 国際石油開発帝石株式会社 技術本部 技術企画ユニット シニアコーディネーター 中村 新氏
  • 石油資源開発株式会社 中東アフリカ欧州事業本部 イラクプロジェクト部長 山田 知己氏
  • JX石油開発株式会社 技術戦略部 副部長 友枝 城太郎氏
  • 日揮株式会社 技術イノベーションセンター シニアテクノロジスト 堀川 愛子氏
  • 千代田化工建設株式会社 研究開発センター センター長 皆見 武志氏
  • 東洋エンジニアリング株式会社 資源エネルギー事業本部 事業本部長代行兼資源技術本部長 勝間 寛氏